麻酔下での歯科処置の必要性(犬猫別に)

船橋市、八千代市の動物病院、ペットホテル、トリミング|はる動物病院
〜坪井、八千代緑が丘、はぐみの杜〜
千葉県八千代市緑が丘西 1−15−2
☎047-406-5008

麻酔下での歯科処置の必要性(犬猫別に)

重度の歯石の沈着と歯の動揺

<虫歯?歯石?歯周病?口内炎?歯槽膿漏?>
昨今犬も猫もデンタルケアが重要ということはだいぶ啓蒙がなされ、多くの方が診察の際に気になされていることに気づきます。
しかし、情報が理解しづらく少し難しいため、誤解を受けている場合も多いように感じます。まず、タイトルの曖昧模糊に用いられる病名について整理です。
齲歯俗にいう虫歯);口腔内が酸性条件下で発生しやすく、特定の細菌が歯の表面のエナメル質が溶かしてしまう病気です。基本的には人間の病気であり、犬猫には極めて稀です。
歯石;最も目立つ病態ですが、あくまでも基礎疾患の末形成された副産物です。つまり歯石という病気な訳ではなく、例えば歯周病の細菌が原因で二次的に形成されるといった具合です。口腔内のカルシウムなどが沈着し石のようになります。
歯周病;歯茎と歯の隙間(歯周ポケット)に細菌が入り込み増殖、バイオフィルムと呼ばれるバリアーを形成しコロニー(集団)を形成します。この影響で、歯肉が赤く炎症を起こし、さらに歯根が浮いてきます。最悪、歯が動揺し(ぐらつき)抜けてしまいます。歯の上の方を溶かすのではなく、下の方の問題であることがポイントです。
口内炎;ビタミン不足や抗原抗体反応その他の原因が惹起した炎症が、口腔内の歯肉を犯す病態です。人間だとビタミン不足の口内炎、ヘルペス性の口内炎が有名です。
歯槽膿漏根尖膿瘍);歯周病が進行し、歯根に膿が溜まっている状態です。ここから膿が出ている状態を歯槽膿漏と表現し、歯根の奥深くに膿溜まりができていれば根尖膿瘍と言います。

人は虫歯(齲歯)が多いですが、犬と猫の歯の病気はそれぞれで口の中の環境が全く違います。そのため病態も治療法もかなり異なります。
では、まず犬の方から解説します。

犬の歯周病ー根尖膿瘍

犬の口腔内はアルカリ性です。この環境で増えやすい細菌が歯槽ポケットに入り込み炎症を引き起こします。
そのため歯肉が赤くなり歯肉炎となります。その歯槽ポケットで形成されるプラーク(細菌が籠城しているバイオフィルム)から排泄された物質に口腔内のミネラルが沈着し歯石ができます。つまり歯石は病態の主体ではないのです。もちろん歯石の存在は問題で、これがあるとより口腔内の細菌が増殖しやすくなります。
その歯槽ポケットのプラークによる歯肉炎が進行すると、歯根に侵食が進みます。そのため人間のように歯が溶けるのではなく、根だけがグラグラし、比較的歯の上はしっかりしているのです。

歯(特に犬歯)がグラグラになると鼻にも問題を起こします。
それが次の症例。。

16歳ビーグルちゃん
耳の診察にいらしただけでしたが、、
ん?左の鼻(マズル)に膨らみが!?
触ってみると硬いです。

ガンか?

いや、口を開けてみると歯の根っこが膨らんで硬くなっていました。

「根尖膿瘍」は、
歯周病によって悪化した口腔内環境下で、ばい菌が歯の根っこに入り込んでしまい、結果歯根の尖端に膿を貯める病気のことを指します。
一般的には膿なので柔らかく、歯がグラグラして、抜歯が適応となることが多いのです。

しかし今回の場合、歯はガッチリハマっていて、膿瘍が骨の方へ浸潤、骨のドームを形成していました。

切開してみると、白くボコボコした膨らみが骨ドームです。

これを歯科用電動ドリルで破砕してゆきます。

ほら、歯の根っこにつながりました。

膿をかき出し、隆起した骨を削ってゆきます。

中を綺麗に消毒し、髪の毛より細い糸で縫いあわせていきます

切除した骨や膿たちです。

おそらく歯周病の完全にないワンちゃんはほぼいません。

早期のメンテナンスが極めて大事で、

できれば今回のように、老犬に難しい手術をすることのないようにしたいものです。

猫の口内炎

では、猫は、、
またまた全然違います。
猫の口内炎は実は詳しく分かっておりませんが、
主に口腔内のウイルスに対する免疫反応の結果、自分の歯肉に間違った免疫攻撃がなされていることが主因と考えられています。
そのため抗生剤は基本的に効果が薄く、ステロイドを含む免疫抑制剤が効きます。

では、猫ちゃんの口内炎のかなり重症な症例の治療例です。

猫白血病ウイルスに罹患しているこの3歳の猫ちゃんは、口内炎が酷すぎて痛すぎて食べることすらできませんでした。
先ほど説明したようにウイルスへの過剰な免疫反応が原因ですから、ウイルスが巣食っている歯の隙間全てを取り除く必要があります。
つまり抜歯をしなくてはいけません。
人間の感覚でいくと歯がなくなるのは絶望的なことですが、肉食動物の彼らにとって歯は、「獲物から肉を引き裂く」作用しかありません(裂肉歯)。
全臼歯抜歯をしたこの子は、比較的すぐに痛みから解放されます。
とはいえ、できればこうなる前に対処したいものですね。
一応、
犬は抗生剤
猫は免疫抑制剤(抗炎症剤)
が効く。。

のですが、原則はいずれも外科的な歯科処置が唯一にして最高の根治的治療です。

今回は犬の歯周病についてもう少し詳しく。
先ほど申し上げたように歯周ポケットへの細菌の感染ですので、
合併症も多く報告されています。

肝炎
胆管炎
慢性腎臓病の増悪因子、腎盂腎炎
疣贅性心内膜炎
炎症性腸症
などなど、関連性が示唆されています。

つまり万病の元になりうるのです。

人間の虫歯と違って根っこから溶けていきますから、
飼い主さんが軽い気持ちで歯科処置をお願いしたけれど、実際はグラグラで抜かなきゃいけない歯だらけだったなんてことはざらにあります。
どうか年をできるだけ取らないうちに、犠牲となる歯が少しでも少ないうちに、
歯科処置をしてあげてください。


八千代市、船橋市の動物病院
はる動物病院
  千葉県八千代市緑が丘西
        1−15−2
       047-406-5008

 腫瘍科認定医 瀧口 晴嵩