会陰ヘルニア

船橋市、八千代市の動物病院、ペットホテル、トリミング|はる動物病院
〜坪井、八千代緑が丘、はぐみの杜〜
千葉県八千代市緑が丘西 1−15−2
☎047-406-5008

会陰ヘルニア

会陰ヘルニア整復術

会陰ヘルニアとは、会陰を形成する筋肉の壁が崩壊し、骨盤腔内の臓器や脂肪が飛び出る病気です。
未去勢オスが罹患しやすい病気で、筋肉が薄くなること、腹圧が高いことなどが素因だとされています。軽度であれば腹腔内の脂肪が飛び出るだけですが、重症化すると直腸や膀胱など臓器が飛び出る場合もあります。一般的に慢性経過をたどったものは臓器が逸脱することがあり、この場合排尿や排便に支障をきたすため、動物の生活の質を著しく害します。臓器の壊死を招くこともあるため、最悪の場合命に関わります。

 

 

 

 

左の会陰から腹腔内の脂肪が逸脱している

<軽度な会陰ヘルニアの一例>
ダックス 10歳 未去勢オス
主訴;お尻にできものができた
これはできものではないですから、手術です。幸い臓器の逸脱はなく、脂肪のみでしたので一般的な会陰ヘルニア整復術を行いました。

重度の逸脱(鼠径ヘルニアも併発していた)

<5年間放置された会陰ヘルニアの一例>
mix 12歳 未去勢オス

八千代市、船橋市の動物病院
はる動物病院
  千葉県八千代市緑が丘西
        1−15−2
       047-406-5008

 腫瘍科認定医 瀧口 晴嵩