骨ドームを形成した根尖膿瘍

船橋市、八千代市の動物病院、ペットホテル、トリミング|はる動物病院
〜坪井、八千代緑が丘、はぐみの杜〜
千葉県八千代市緑が丘西 1−15−2
☎047-406-5008

骨ドームを形成した根尖膿瘍

16歳ビーグルちゃん
耳の診察にいらしただけでしたが、、
ん?左の鼻(マズル)に膨らみが!?
触ってみると硬いです。

ガンか?

いや、口を開けてみると歯の根っこが膨らんで硬くなっていました。

「根尖膿瘍」は、
歯周病によって悪化した口腔内環境下で、ばい菌が歯の根っこに入り込んでしまい、結果歯根の尖端に膿を貯める病気のことを指します。
一般的には膿なので柔らかく、歯がグラグラして、抜歯が適応となることが多いのです。

しかし今回の場合、歯はガッチリハマっていて、膿瘍が骨の方へ浸潤、骨のドームを形成していました。

切開してみると、

白くボコボコした膨らみが骨ドームです。

これを歯科用電動ドリルで破砕してゆきます。

ほら、歯の根っこにつながりました。

膿をかき出し、隆起した骨を削ってゆきます。

中を綺麗に消毒し、髪の毛より細い糸で縫いあわせていきます

綺麗になりましたね。

切除した骨や膿たちです。

おそらく歯周病の完全にないワンちゃんはほぼいません。

早期のメンテナンスが極めて大事で、

できれば今回のように、老犬に難しい手術をすることのないようにしたいものです。


八千代市、船橋市の動物病院
はる動物病院
  千葉県八千代市緑が丘西
        1−15−2
       047-406-5008

 腫瘍科認定医 瀧口 晴嵩